fc2ブログ

底辺が投資その12

各社のファンドマネージャーのレポートなどを読むとおおむね、
ギリシャが仮にデフォルトしても影響は限定的だ、中国株は不透明感はあるものの十分下がってガス抜きになった。
といった理由で日本、アメリカ、欧州の株が続伸、リートも上がったそうだ。

私の読みではギリシャ問題+中国問題で2日連続暴落したのは行き過ぎで少し戻すが更に下がるハズだった。
ただ世界中が浮かれているというか都合の悪いことに目をつぶって過熱気味であるように感じる。

TOPIXは全て売却済み(そこそこプラス)、国内リートは4分の1だけ処分(含み損数千円)、先進国株(プラス数千円)と先進国リート(プラス数千円)も全て処分済み。
新興国株と新興国債権だけ含み損(数千円)があるのでまだ保持。
国内債権も保持(プラス数百円)
NISA枠医療株も保持(そこそこプラス)

タイミングを見て新興国株と債権は近いうちに処分予定。
USリートのマイナス72万がなければ30万くらいのプラス。
実際は2015年度現在はマイナス40万ほど。

USリートを持ち続けていた方が結果的にはプラスに転じていたかほぼ損失ゼロになっていた。
全資金の9割近くを投入するという暴挙に出ていたので裏目に出れば損失額はハンパなものじゃなかった。

そして毎月分配型で信託報酬も法外に高いファンドだったので付き合いがなくなってせいせいしている。
ブラインド方式の海外ものでアメリカ一国に集中させるべきではない。
いわば博打。
仮に買うとしてもアメリカに6割くらい配分している先進国リートインデックスにする予定。
まともなバランスファンドならリートの配分は20%まで。
6%とか10%とかハイリスクだからこその投資配分になっている。

今は手数料無料で信託報酬も安いものを中心に購入している。
自分でポートフィリオを自由に組めて組み替えにかかる費用もほぼゼロである。
店頭でも販売しているような馬鹿みたいに手数料と信託報酬が高いファンドはもう買う気がしない。
高い手数料とってその分ノーロードのものより成績がいいのなら甲斐もあるがほとんどがノーロードのファンドに負けている。
これは通常有り得ないこと。

大人なら分かるだろうが手数料が高いのならそれなりのメリットがあるのが普通だが何もないのである。
銀行も証券会社もゆうちょ銀行も寄ってたかってひたすら情弱の庶民から金を巻き上げるあくどいシステムを作っている。

まさかこの業界がここまでクズとは思っても見なかった。

それはさておき、しばらく様子見をして我慢我慢。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戦艦無職

Author:戦艦無職
40代無職のおっさんが資格勉強しながら未経験のビル設備管理系に就職した日記です。

職業訓練校の電気設備科卒業。

取得資格

ビル管
電工2
2級ボイラー
冷凍2種
危険物乙4

今後受験予定 

電験3種
消防設備士甲4類

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR